読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白血病闘病記

急性骨髄性白血病(M0)を患った大学生です。※2015年3月無事卒業できました!

夏から今までの経過

お久しぶりです。

夏にブログ更新して以来、まったく更新していませんでした。

 

忘備録として、夏以降の経過です。

7月はじめ突然、胸のしこりがあることに気づく。

しかも痛むってことで( ;  ; )

乳腺外科に行ってエコーで診てもらったところ、

乳がんではなく、乳腺症だろうとの診察を受けて安心。。

 

三ヶ月が過ぎ10月、婦人科でのホルモン療法を始めるにあたり、

そのしこりが乳がんであるとしたらホルモン療法はできないので、

乳腺外科で細胞診をして腫瘤が何者なのか確かめてくださいとのことを言われ、結局針さして検査。

 

結果、乳がんではありませんでしたが、CD33っていう白血病細胞の塊でした。

まさかの乳腺の先生から「再発」の告知、、、

ショックで泣きました( i _ i )

こういう血液じゃなく、体の一部にできる白血病の局所再発のことを「髄外腫瘤」っていうらしい。(多分)

 

血液内科には2、3週に一度外来で検査していたのですが、

血液検査では問題なかったことから気づくのに遅れたみたい。

ただ血液が問題無いってことで、マルクした結果も問題なく!(かなり不幸中の幸い)

その胸のところの腫瘤を取る手術を勧められ、11月下旬に3泊?くらい入院して手術。

 

そして、再発予防ってことで、1月は15日間通院で放射線治療。

1月は大学のテスト期間と被ったこともあって、大変でした。

しかも10分くらいの放射線のために片道一時間かけて毎日病院へ通うっていう、、、

 

そして、大学のテストを終えた日にちょうど放射線治療も終了。

放射線治療最後の日に、血液の外来も入ってたんだけど、

先生に

「おつかれさま〜今日はお酒でも飲んで!」的な感じでお酒勧められました。

ちなみに先生、茅台酒が好きらしい(◎_◎;)

その日は、お酒は飲まなかったけど、ドミノピザをデリバリーして、不摂生しました笑

 

今は、治療も、学校も一休みって感じです。

今後の治療がどんな感じになるのかわからず、仮に3月に大学を卒業できたとしても、

4月からどんな感じの生活になるのかまだ想像がつきません。

とりあえず、派遣で事務の仕事でもしようかな、、どうしよ。